クスノキ
↑ ↑ ↑ amazonでセール中!!今なら定価より安く買えるよ!!12月5日更新!!

こんにちわ。

ガンプラで人生を豊かに、クスノキ・コウです。

今回はガンダムアーティファクト第2弾!!

「V2アサルトバスターガンダム」筆塗り全塗装しましたのでレビューしていこうと思います。

ガンダムアーティファクト
ガンダムアーティファクトは食玩です。
今回は第2弾。
 
    • V2アサルトバスターガンダム

    • フルアーマーガンダム

    • ジム「ガンダム サンダーボルトばVer」

    • ドム・トローペン

    • ザクⅢ

全5種類の展開です。

クスノキ
たかが食玩と侮ることなかれ!
その魅力をお伝えできればと思ってます。
ぶっちゃけ・・・感動しますよ!!

本記記事はV2アサルトバスターガンダムを

  1. 素組み
  2. 改造|絵画風(イラスト風)筆塗り全塗装

の順で紹介していきます。

素組み:V2アサルトバスターガンダム(ガンダムアーティファクト)

パッケージ

 まずは、ガンダムアーティファクトのパッケージの紹介です。

フルアーマーガンダムのイラストをバックに、V2アサルトバスターガンダム(キット写真)が掲載されていますね。

 

ガンダムアーティファクト第2弾(パッケージ写真)はどれもほとんど同じです。

一か所だけ違う場所・・・それが上面になります。

 

 ここに入っているキットが書かれています。

お菓子売り場で要確認ですね。

クスノキ
中身はあらかじめわかる仕様です!

注目すべきは下面。

何と「対象年齢15才以上」の記載が・・・。

おどろくべき食玩です。

中身確認

 中身の確認です。

ランナーは四枚。

パーツは1~54番まであります。

胴のパーツだけは単体で入ってます。

そして、説明書が1枚入っています。

すみません。

お菓子のガムが一つ入っていましたが、すでに私の胃袋です(写真はありません)

クスノキ
一応、食玩なんで「おまけ」でお菓子が入っています。
どっちが「おまけ」かって話ですよね。
ちなみに、以下はもう一つ購入したフルアーマーガンダムのランナー写真です。

色が違う・・・

そう、これは「クリアモスグリーン」でレアバージョンなんです。

通常は「ペールオレンジ」って色だそうですよ。

組み立て

 組み立てはニッパー一本でいきました。

塗装を前提としているので、ゲート処理もニッパーによるゲート処理のみです。

使用したのは「ビルドアップニッパー」基本性能に加え、耐久性も抜群です。

クスノキ
切れ味では、話題のアルティメットニッパーに劣りますが、
耐久性ではこちらにアドバンテージがあります。
組み立てに関して3点気付きがありました。

気付き1:ダボがきつい

 パーツが小さいので、はめにくいのもあると思いますが、総じてダボがきつく感じました。

あまり、力を入れてはめるとパーツの破損につながりかねません。

ダボのカットをおすすめします。

以下の写真はダボを斜めにカットしました。

ダボ穴がきついときはこの方法が簡単でおすすめです。

気付き2:パーツの破損に注意

 キット自体が小さい分、関節部も弱い気がしました。

特に関節部は薄く、小さくなっていますので、破損には注意が必要です。

クスノキ
あんまり力入れてグリグリやらないほうがいいですよ。

気付き3:老眼にはキツい

 パーツが小さいんで、老眼の人にはキツいです。

私も老眼が始まっていますんで、気づいた次第です。

ハズキルーペの使用が無難です。

以上のことに注意して組み立てれば、写真のように仕上がります。

素組み:完成

 組み立て自体は簡単ですが、パーツが小さい分手間取りました。

作業時間はだいたい1時間かと思います。

前後左右の写真です。

 

 特筆すべきは精密かつ、多彩なモールドです。

至るところに張り巡らされています。

これが完成品のクオリティーを上げています。

可動域ほばありません。

一番いいポージングで固定されています。

フィギュアのプラモデルを組み立てたといった感じです。

改造|絵画風(イラスト風)筆塗り全塗装:V2アサルトバスターガンダム(ガンダムアーティファクト)

 

ガンダムアーティファクトは単色です。

そのままでは、「ガン消し」のデカいバージョンですので、塗装しましょう。

今回は筆塗り全塗装で仕上げました。

製作内容

 色は「シャア専用機」を意識して赤をメインにしました。

塗料はすべてアクリジョンです。

以下作製内容です。

製作内容

    • スミ入れ

    • 下地塗り

    • シール・デカール貼り付け

    • ハイライト・シャドー入れ

    • 上塗り

    • ドライブラシ

これらの製作内容をフローにして、Kindleで出版しています。

unlimitedの会員なら追加料金なしで読めます。

詳しくは以下のリンクからどうぞ

筆塗り全塗装:塗完成品紹介

 まずは完成品の前後左右の写真をご覧ください。

続いて各部のアップ写真、及び解説です。

絵画・イラストのタッチようなタッチを目指した塗装をしています。

境界線もはっきりではなくぼんやりを意識しています。

また、筆ムラもあえて出るよう塗装しました。

影(シャドー)や光(ハイライト)は角度を意識したものではなく、

どの角度からでも鑑賞できるよう意識して描きました。

適所に、ハセガワフィニッシュシリーズを丸く切り抜き、貼り付けています。
適所に、ハイキューパーツのコーションデカール(水転写)を貼り付け。

周囲のタッチに溶け込むよう、上塗りを施しぼやかしています。

パーツ裏を中心にシルバーでドライブラシを施しています。

 

その他、写真です。

まとめ

 今回はガンダムアーティファクトV2アサルトバスターガンダムを紹介しました。

素組み筆塗り全塗装の改造に分けて紹介しました。

「素組み」では

・パッケージ

・中身確認

・組み立て

・素組:完成

組み立て時の気づきは

 ◇ダボがきつい

 ◇関節部のパーツ破損に注意

 ◇老眼にはキツイ

です。

「絵画風(イラスト風)筆塗り全塗装」では

・製作内容

・完成品紹介

でした。

今回は最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

よい、ガンプラライフを。

ではまた。

ガンプラ作った後撮影・編集、SNS投稿して楽しみましょう!!

Canva Proにはデザイナーの作ったかっこいいテンプレート無数にあり!!

センス無くても大丈夫!!直観操作で目を引く写真を量産できますよ。

CanvaPro背景透過が何とワンクリック(背景リムーバ)!!
ガンプラだけ抜き出して、背景を簡単に入れ替えれますよ!!

CanvaProは誰でも簡単にプロのようにデザインできるデザインプラットフォーム です。

\CanvaProを30日間タダで使ってみる/

おすすめの記事