クスノキ
↑ ↑ ↑ amazonでセール中!!今なら定価より安く買えるよ!!12月5日更新!!

こんにちわ!!

ガンプラで人生を豊かに。クスノキ・コウです。

今回は「機動戦士ガンダム 水星の魔女」より、

HG(HIGH GRADE)1/144 ガンダムルブリス GUNDAM LFRITHを素組レビューしていこうと思います。

クスノキ

この記事はHG ガンダムルブリスの購入を検討中の方におすすめの記事です。

ガンプラ素組レビュー|HG 1/144 ガンダムルブリス「機動戦士ガンダム 水星の魔女」GUNDAM LFRITH 製作!

ガンダムルブリスパッケージ写真

概要

 ガンダムルブリスはテレビアニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」(以下、水星の魔女に登場するMSです。

本記事、執筆時点で水星の魔女の放送はスタートしていません。

ですので、ガンダムルブリスが何者なのか詳しくはわかりません。

クスノキ

主人公機なんですかね?

以下、ガンダムルブリスに関して、取扱説明書からの引用です。

ガンダム・ルブリス
地球で設立されたオックス・アース・コーポレーションが開発した試作MS。
本機の特徴は、義肢などの福祉工学に端とする革新的な身体機能拡張技術「GUND(ガンド)」を
MS用に発展させた「GUNDフォーマット」を採用したことにある。
GUNDフォーマットを搭載し、領域横断的な戦闘能力を獲得したMSはGUND-ARMと総称され、
やがて世界はそれを「ガンダム」と呼ぶようになった。

HG 1/144 ガンダムルブリス取扱説明書より引用

ちょっと、凄そうな設定ですね。

水星の魔女の世界を創造しながら組み立てるとしましょう。

開封(内容物紹介)

  • 取扱説明書

ガンダムルブリス 取扱説明書 写真

取扱説明書は、通常のHGのそれと同様、折り畳みのチラシ式になっています。

カラフルですね。

通常なら、白黒の部分も黒、青の2色刷りとなっています。

パーツリストを確認しましたが、本キットでは使用しないパーツは無いようです。

新作オリジナル造型だからでしょうね。

  • ランナー

ランナーです。

ランナーは全部で7枚

まずは色プラのAパーツ(PS樹脂)

Aパーツ写真

ピンクやグリーンに加えクリアパーツも含まれています。

B~Dパーツは通常のパーツです(PS樹脂)

B~Dパーツ写真

EパーツはABS樹脂です。

Eパーツ写真①

これは、何か特殊な感じです。

厳重に包装してありますしね。

Eパーツ写真②

開封してみました。

これ、シール貼ってあるんじゃないんですよ。

こういうパーツなんです。

一応、注意書きがあります。

「※Eパーツは、印刷工程上バラツキが生じる場合があります。予めご了承ください。」

印刷なんですね。

クスノキ

どうやって作るんだろ?これ。

 

最後はSB-13パーツです。

SB-13パーツ写真

ビームサーベルのパーツですね。

ある程度、透明で弾力のあるやつです。

  • シール・デカール

 ホイルシールが付属しています。

ホイルシール写真

頭部【HEAD】

 それでは素組みしていきます。

パーツは2度切りで切り出していきます。

1度目は、バンダイさんのビルドアップニッパー

2度目は、ゴッドハンドさんのアルティメットニッパーで切り出しです。

まずは頭部から。

ガンダムルブリス頭部写真【前】 ガンダムルブリス頭部写真【後】

おっさんの印象としては、ガンダムというよりパトレイバーに近いかなと。

胸・腹部【BODY

 続いて胸・腹部です。

胸・腹部写真

ガンダムルブリスは胸部のパーツに特徴があります

そう、特徴的な柄がプリントされたこのパーツ。

Eパーツ写真②

実は、同型のクリアパーツも用意されています。

胸部クリアパーツ写真

こいつには、ホイルシールを貼ります。

ホイルシールは2種類準備されており、1つは何と接着面に柄が印刷されています。

これまた。とんでも技術ですよね。

どちらかを選ぶようになっていますので今回は「柄あり」でいこうと思います。

シールとプリントを並べるとこんな感じ。

シール・プリント比較写真

プリントの方が柄がしっかり見えますね。

好みで差し替えて使用することもできます。

腕部【ARM】

 続いて腕です。

腕は左右対称となっています。

腕部写真

残念なことにハンドパーツはグーのみです。

パーも欲しいところですね。

専用ではないですが、ハンドパーツは別売されています。

腰部【WAIST】

 続いて腰部です。

腰部 写真

シンプルです。

よくある「前掛け」のようなものもありません。

脚部【LEG】

 続いて脚部です。

脚部写真

太もものに比して、スネ・ふくらはぎが非常に細いデザインです。

忍者っぽいですかね。

脚部はスライドしてはめ込む箇所が何か所かあります。

スライドしてはめ込む写真

ヒザ裏は、カバーするタイプ。

膝裏のカバー写真

最近のEG(ENTRY GRADE)によくある方式です。

前ヒザにバーニアがついています。

この形状は珍しいですね。

バックパック【BACKPACK】

 続いてバックパックです。

バックパック写真

かなり大型です。

武装【WEAPONS】

 続いて武装です。

  • コンポガンビットシールド

コンポガンビットシールド裏・表写真

シールドです。これ、コンポガンビットシールド(通称:ガンビット)と言って次世代の遠隔操作兵器何です。

実際、多数のパーツ(ビット?)から構成されています。

この状態をビットステイヴと言うそうです。

 

コンポガンビットシールド分離状態 写真

  • レシーバーガン/ビームブレイド/ガンビットライフル

 

レシーバーガン写真

ガンダムルブリスの携行火器です。

連射性の高いビーム射撃が行える他、写真のようにパーツ差し替えで、巨大なビーム刃を形成(ブレイドオン)、ビームブレイドとしての運用も可能です。

ビームブレイド写真

また、前述したビットステイヴを前後に接続することでガンビットライフルにバージョンアップします。

ガンビットライフル

クスノキ

高出力ビームの発射機構がアンロックされるのです!!

システマチックな武装が用意されています。

  • ビームサーベル

 もちろん、標準的な近接戦闘武器、ビームサーベルも付属します。

ビームサーベル写真

なお、ビットステイヴガンビットライフルバックパックに装着できます。

多分、機動力が向上するんでしょうね。

ビットステイヴ・ガンビットライフルをバックパックに装着した写真

 

武装は組み換えでいろいろできる仕様になっています。

完成写真(ギャラリー)

 それでは、ガンダムルブリス(素組)の完成写真です。

  • 全身

まずは全身をぐるりと。

ガンダムルブリス 左斜め前写真 ガンダムルブリス 左側写真 ガンダムルブリス 右斜め後ろ写真 ガンダムルブリス 左写真

  • アップ

 続いて、アップ写真です。

ガンダムルブリス左斜め前写真アップ

 

「忍者ネコ」って感じがします。

  • ポージング

最後はポージング写真です。

ガンダムルブリス ポージング写真01 ガンダムルブリス ポージング写真02 ガンダムルブリス ポージング写真03 ガンダムルブリス ポージング写真04

カッコイイですね。

武装ががシステマティックに換装可能ですので、いろんなポージングが楽しめます。

まとめ

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」より、

HG(HIGH GRADE)1/144 ガンダムルブリス GUNDAM LFRITHを素組レビューでした。

  • 概要
  • 開封(内容物紹介)
  • 各部位、組立紹介
  • 完成品紹介

をしました。

ガンダムルブリスの外見はかわいい忍者ネコといった感じです。

半面、武装はシンプルながらスシテマティックに換装でき、ファンネル的要素も持ち合わせているようで凶悪です。

組立には、EG(ENTRY GRAGE)に使われている要素も加えられています。

また、スライドしてハメるという機構も導入されています。

これらを踏まえると、非常にコスパに優れたモデルなのではないでしょうか。

今回はこれまでです。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

ガンプラ作った後撮影・編集、SNS投稿して楽しみましょう!!

Canva Proにはデザイナーの作ったかっこいいテンプレート無数にあり!!

センス無くても大丈夫!!直観操作で目を引く写真を量産できますよ。

CanvaPro背景透過が何とワンクリック(背景リムーバ)!!
ガンプラだけ抜き出して、背景を簡単に入れ替えれますよ!!

CanvaProは誰でも簡単にプロのようにデザインできるデザインプラットフォーム です。

\CanvaProを30日間タダで使ってみる/

おすすめの記事