クスノキ
↑ ↑ ↑ amazonでセール中!!今なら定価より安く買えるよ!!12月5日更新!!

こんにちわ。

クスノキ・コウです。

今回は私がよく使う【ガンプラ製作テクニック】「ゲート跡隠し」を紹介したいと思います。

クスノキ
ゲート跡ってパーツを切り出したときの切り口の事です。
通常、ゲート処理方法は2つあるのだと思います。
  1. ヤスリ等で削って消す
  2. 全塗装する

①はゲート跡をヤスリ等で削って馴らす方法です。

一般的な方法ですが、ゲート後を完全に消すのは困難です。

(時間もかかります)

②は全塗装して隠してしまう方法です。

塗装してしまえば、ゲート跡は完全に消えますね。

エアブラシ塗装のシステムや塗装環境があればこれが一番簡単で確実です。

でも、製作環境によってはできませんよね。

 

私の環境では、家族の理解を得るのが難しいです・・・。

で、今回紹介するのがチッピング(ウェザリング)によるゲート隠しです。

私はこの方法よく使用します。

クスノキ
チッピングってウェアザリング(汚し表現)の一種です。

以下説明していきます。

ガンプラ便利ツール|ゲート処理おすすめはチッピング(ウェザリング)で隠す!!爪楊枝・スポンジを使う方法を説明

 

私が良く使用するチッピングは以下の2つです。

①爪楊枝によるチッピング
②スポンジによるチッピング
順に説明していきます。

①爪楊枝によるチッピング

チッピングと聞けば筆によるチッピングを想像されるかもしれません。

でも、筆でのチッピングは難しいのです。

クスノキ
感性の問題か、私はは上手に汚れを表現できません。
そこでおすすめなのが、爪楊枝によるチッピングです。
爪楊枝で塗るとあら不思議。
勝手に良い感じの汚れになるんです。
この方法は特にエッジ部付近にあるゲート跡を隠すのに便利です
例えば、こんな場所。
多少、白化も起きています。
以下の手順で行います。

1.塗料を爪楊枝につける

塗料を爪楊枝につけてください。
塗料の色は主に黒やシルバーを使用します。
今回はアクリジョンのメタリックシルバーとメタリック黒鉄色を使用しました。

クスノキ
実際のエッジ部の塗装ハゲや汚れの付着を意識すると黒やシルバーを使用するのがいいかと思います。

2.塗料を軽く拭き取る

ここで一度、爪楊枝の塗料を軽く拭き取ります。
私は大きめの付箋をよく使用します。
汚れたらめくって捨てればいいので便利です。

クスノキ
塗料がつきすぎていると上手くいきません。
ドライブラシと同じ要領ですね。

3.ゲート跡にこすりつける

 爪楊枝をエッジにこすりつけます。

上手く、塗装ハゲが表現できます。

でもちょっとまって!!

ここでの目的はゲート跡を隠すことです

エッジ付近のゲート跡に爪楊枝をこすりつけましょう!!

はいっ!この通りデート跡がなくなりました。(隠せました)

②スポンジによるチッピング

続いて、スポンジによるチッピングついて説明します。

私はこの方法を、ゲート跡がエッジ部付近にない場合に使用しています。

例えばこんな場所。

以下の手順で行います。

1.塗料をスポンジにつける

まずは塗料をスポンジにつけます。

こんどは、メタリック黒鉄色を使用しました。

2.塗料を拭き取る

 続いて、塗料を拭き取っていきます。

爪楊枝のチッピングと同じですね。

ですが、今度はキムタオルで拭き取りました。

クスノキ
スポンジの塗料拭き取りはキムタオルが便利です。

3.ゲート跡につける

それでは、ゲート跡につけていきます。

ゲート跡をポンポンと軽くたたく感じです。

こんな感じで仕上がります。

ゲート跡が上手く隠せていますね。

まとめ

今回はチッピングによるゲート跡隠しの説明をしました。

この方法の一番の利点は

  • ゲート跡をヤスリがけしないで済む

ことです。

ヤスリがけってかなりの時間を要しますよね。

ウェザリング仕上げするのが決まっているなら時短につながります。

もう一つ、私のように感性が豊か出ない場合は、

「ウェザリングする場所がゲート跡と決まっている」

と迷わないので助かります・・・。

最後になりますが、私は、誰でも簡単にハイクオリティーなプラモデルが作製できる!!

【DHPフロー】を考案しています。

ではまた。

ガンプラ作った後撮影・編集、SNS投稿して楽しみましょう!!

Canva Proにはデザイナーの作ったかっこいいテンプレート無数にあり!!

センス無くても大丈夫!!直観操作で目を引く写真を量産できますよ。

CanvaPro背景透過が何とワンクリック(背景リムーバ)!!
ガンプラだけ抜き出して、背景を簡単に入れ替えれますよ!!

CanvaProは誰でも簡単にプロのようにデザインできるデザインプラットフォーム です。

\CanvaProを30日間タダで使ってみる/

おすすめの記事