クスノキ
↑ ↑ ↑ amazonでセール中!!今なら定価より安く買えるよ!!12月5日更新!!

トイフォレスト

【ガンプラレビュー】HG 1/144 RX-178 ガンダムMk-Ⅱティターンズ 製作しました

以下、作製内容をレビューさせていただきます。

ゲート処理

 

・アルティメットニッパーでパーツを切り出しました。(2度切り)


・♯400 → ♯600にてゲート跡にヤスり掛けを行いました。

ダボ穴拡張

 

・適所のダボ穴を拡張しました。適度な力で外装パーツを取り外せます。

 

HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_046

仮組み立て

 

仮組み立てを行い、全体のバランスを確認しました。

 

HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_036

部分塗装

 

・適所に部分塗装を施しました。

 

※塗料は全て GSI クレオス アクリジョンを使用しています。

 

  • 凹みモールドに蛍光レッド、もしくは蛍光グリーンにて塗装
  • バーニア内側はメタリックブルー、外側はゴールドにて塗装
  • 排気口はゴールドにて塗装
  • 他にも適所に部分塗装をしています

 


HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_037

 

・それぞれ同系色のベースカラーで下地塗装しています。

 

シール・デカール貼付

 

・付属のシールを貼り付けました。

 

・市販の水転写デカール(コーションデカール)を適所に貼り付けました。

 


・ティターンズのロゴマーク(ドライデカール)をシールドに貼り付けました。

 

 

HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_038

 

コート剤塗布

 

・一部、解体しエアブラシにてツヤ消しクリアを塗布しました。

 

HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_039

スミ入れ

 

・適所にシャープペンシルによるスミ入れを行いました。

コート剤塗布(2回目)

 

・パーツの角度を変えて、ツヤ消しクリアを塗布(2回目)しました。

ウェザリング

 

・適所にウェザリングを施しました。

 

  • 筆によるドライブラシで装甲ハゲを表現しました。(シルバー)
  • スポンジによるチッピングで装甲の汚れを表現しました。(黒鉄色)
  • リアルタッチマーカーで赤さびを表現しました。(リアルタッチオレンジ1)

 

 

シール貼付

 

・付属のホイルシールを貼り付けました。

その他の工作

 

・頭部アンテナはシャープに加工しています。

完成品ギャラリー

HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_024 HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_025HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_010HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_011HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_008HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_009HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_001HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_005HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_040HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_016HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_017HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_045HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_018HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_044HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_043HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_042HGUC_RX-178_GUNDAM_Mk-2_TITANS_041

 

ガンプラ作った後撮影・編集、SNS投稿して楽しみましょう!!

Canva Proにはデザイナーの作ったかっこいいテンプレート無数にあり!!

センス無くても大丈夫!!直観操作で目を引く写真を量産できますよ。

CanvaPro背景透過が何とワンクリック(背景リムーバ)!!
ガンプラだけ抜き出して、背景を簡単に入れ替えれますよ!!

CanvaProは誰でも簡単にプロのようにデザインできるデザインプラットフォーム です。

\CanvaProを30日間タダで使ってみる/

おすすめの記事